ホーム>スタッフブログ>バックカントリー

バックカントリー

根子岳バックカントリー

灼熱の山と川

2018422213126.jpg 201842221361.jpg

本日は長瀞でのカヤック体験と尾瀬至仏山ツアーの2プログラムでした。

どちらも異常とも思える気温上昇で4月とは思えないような1日です。山では大汗かきながらのバックカントリーで、登りはもちろん滑っていてもやっぱり暑くて、ゴーグルしてるだけで汗かいちゃうぐらいでした!

川では泳いじゃうお客さんも!

どう考えても夏になっちゃった感じでした。

 

バックカントリー/2018尾瀬至仏山

2018420222445.jpg

今年も尾瀬至仏山ツアーが始まりました。

今シーズンは雪が少なく滑るコースは限定されちゃうのだけど、それでもやっつぱり至仏山はサイコーですよ!

 

バックカントリー/春の革靴細板ツアー

2018317201230.jpg

湯の丸・池の平 革靴細板ツアー 今回はびっくりするほど雪が無くなっていた衝撃ツアーとなりました(笑

2年前の少雪だった時をはるかに超えた状況の中 軽いステップソールのスキーはちょっとしたスロープをスタスタ登って滑る!っていうお手軽な楽しみ方が出来ちゃうので笹をよけて、100~150M位を登っては滑って楽しみました。パウダーや斜度のあるところにチャレンジするのもいいんだけど、こういうお手軽なバックカントリーもいいなぁって思います。

201831720133.jpg 2018317201332.JPG

 

バックカントリー/バッドコンディションの初心者クラスと中級クラス

20183223124.jpg 201832231238.jpg

湯の丸山での2日間 3/1は初めてのバックカントリーツアー 3/2はちょっとハードなバックカントリー どちらも天気は良かったのだけど、強風と手ごわい雪質に立ち向かっていただきました。

3/1はあまりの強風の為、当初予定してたコースから樹林帯メインのコースに変更してツアーというよりバックカントリーレッスンって感じの内容でした。3/2はクラストした斜面に悪戦苦闘する事に!

整備されたゲレンデと違って自然のままのスロープは、天国のように快適な事もあれば、地獄のように耐え続ける事もある訳です。この2日間どちらも辛いコンディションとなっちゃいましたが。山を滑るっていうのはこういうケースも折り込んで考えて頂くいい機会だったと思います。

 

根子岳バックカントリームービー

バックカントリーツアー/悪天候だけど、パウダーの根子岳

2018217222214.jpg

結局予報通りになった根子岳です。スタート時は時折日差しが入って、これは山頂についたころに天候が持ち直すかも?っていう期待をもちつつ登り始めたのはいいけれど、気圧計は上がる事ももなく、ハイクUP 中には雪も降り始め、滑走コースをどうしよう・・・って悩みながら山頂手前まで。お昼を食べて、とりあえずドロップポイントへ移動。なんとか視界がキープ出来ているので、最初は短く滑り出すと、なんとかオール  バックカントリーで行けそうです。結局程よいパウダーを楽しみつつ最後までゲレンデに出る事も無くツアーが出来ました。

 

2018217222319.jpg 2018217222345.jpg 201821722248.jpg

 

バックカントリーツアー/手ごわい雪質

20182319385.jpg

2月は早速湯の丸山に出撃してきましたが・・悲しい事に新潟と違ってこちらにはあまり雪が積もってなくて・・昨日は下見を兼ねて一人で山に入ったのだけど、積雪が少ないうえに風にたたかれた雪面はパウダーのように見せかけつつ実はクラストしてる!っていう状態でした。

下見のおかげ、楽しくなさそうなスロープを避けつつルートがとれたのは助かりました!

 

パラレル?アンパラレル?

2017127211246.jpg

バックカントリーを滑るのはATが良いのか?それともテレマークなのか?僕がこの世界に身を投じた30年ほど前は明らかにテレマークに軍配が上がっていました。ところがこの15年程の間にATの進化は凄まじく、もはやテレマークの優位性は無くなりつつあるようにも感じます。但し、テレマークも進化しているのですがおかしなことに、テレマークは以前の貧弱に思えたスタイルからよりハードに滑れるようにカッチリしたものに変化してきました。結果ブーツ・ビンディングがテレマークの素晴らしさだったハズの軽さを捨て始め、よりガッチリ(重く)してスピードやGに耐えられるようになってきました。ATはより軽くなって来てるんですけどね(笑 じゃあウェイブグライドはテレマークを止めちゃうのか? そんなことは無くてテレマークで楽しいエリアに行けばいいだけの話!よりディープでスティープな処はATで! テレマークだけど何ならパラレルで滑ったって良いんじゃないでしょうか(笑

2017127211545.jpg

 

新しいレンタルスキー

20171124172230.JPG

ついに昨日から玉原がOPENしちゃいました!いよいよウインターシーズンが始まっちゃうわけですが、今期はイワユル歩くスキーにウェイトを移して行こうと考えてます。そこで新しくウロコ板を少々新調しました。それも160センチと170センチの短い板です。お子さんや背の低い方に無理に長いスキーを履かせるのもどうかと(笑 180以上の長いスキーは腐るほどあるんですけどね!

 

トップへ戻る