ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

長瀞のカヤック体験/春の岩畳

201831944144.jpg

まだ3月なのだけど、このところ暖かい日が続いたおかげで、水温もちょっと上がって来ました。そしてついに手袋なしでフツーに漕げるようになりました。

今回も用意はしたものの結局使わずじまいで終わって、ああ!春だなぁ・・て感じちゃいました!

 

 

バックカントリー/春の革靴細板ツアー

2018317201230.jpg

湯の丸・池の平 革靴細板ツアー 今回はびっくりするほど雪が無くなっていた衝撃ツアーとなりました(笑

2年前の少雪だった時をはるかに超えた状況の中 軽いステップソールのスキーはちょっとしたスロープをスタスタ登って滑る!っていうお手軽な楽しみ方が出来ちゃうので笹をよけて、100~150M位を登っては滑って楽しみました。パウダーや斜度のあるところにチャレンジするのもいいんだけど、こういうお手軽なバックカントリーもいいなぁって思います。

201831720133.jpg 2018317201332.JPG

 

長瀞のカヤックスクール/春の日差し

201831523325.jpg

今年は春が早いようです。何故か3月でもう3組目のカヤックのお客様!

いつもなら頭の中はスキーと確定申告でいっぱいなのだけど、さらにカヤックプログラムも考えなきゃ!です。

 

 

スノートレック/雪の中でも暖かい飲み物

201831219482.jpg

玉原スノートレック ゲレンデから雪の森や雪原を歩くスノートレック 毎回暖かいお飲み物をご用意しております。

ポットに入ったお湯をさらに沸騰させてアツアツのカフェラテ(たまにココア)をご提供させてもらってます。

雪の上を歩き回って程よく疲れた体に甘い飲み物がよく合います!

 

長瀞のカヤック体験/家族で川下り

2018311195138.jpg

3月もまだ初旬ですが、本日カヤック体験川下りとなりました。1家4人みんなで川下りです。

午前は生憎の曇り空で、なんなら午後は中止にしようかな・・と思いつつ皆さんの熱意は高くて(笑 でも午後のスタート時にはすっかり晴れて暖かくなってくれて助かりました。 のんびりしてても快適ならリラックスしてパドリング出来るのでコンディション的には文句なしな感じで終われてよかっつたです。

 

群馬でテレマークレッスン/今日も氷のゲレンデ

2018310152858.JPG

今週はアイスバーンが続きます。火・木‣土とレッスンで玉原ですが、毎回アナウンスでアイスバーンとなっております!って言われ続けております。まぁ昼過ぎになれなれば程よく溶けてくれるのだけど(笑

 

群馬でテレマークレッスン/腰のポジションを考える

20183619455.JPG

パラレルターンと違いテレマークはスキーを前後にずらします。そのおかげで重心位置がつかみづらくなってしまう処が皆さんを迷わせてしまいます。

そんな時は、スキーが-山側に切れ上がりすぎないように腰の位置を前後左右に動かしながら斜滑降してみます。こうする事でどこに腰(重心)を持ってくれば良いのかわかります。

エッジに頼りすぎず、滑走面全体に体重が乗れば安定した状態で滑る事が出来るようになるので、迷ったら斜滑降!です。

 

長瀞のカヤックスクール/春の長瀞

20183519109.JPG

まだ3月初旬だけど、長瀞の水もかなりぬるくなってきました!天気は曇りで、おまけに雨もちらついて来たけど、もう凍えるような寒さは感じませんでした!

今日の長瀞の水量は極端に少なくてライン下りも来ないので、ノビノビ漕げちゃいました!

 

群馬でテレマークレッスン/春が来ちゃいました

201834213214.JPG

ついにゲレンデにも春が来ちゃいました!

朝一番はカチコチのハードバーンだったものの、昼前にはすでにグシャグシャの雪に(悲

緩みきっちゃえば、むしろ滑りやすかったりもするのだけど、今日は細板・皮ブーツでのレッスンなので、WAXが切れてたりすると・・全く滑らなくなっちゃいます。

おかげで今日はちょっと筋肉痛です。

 

バックカントリー/バッドコンディションの初心者クラスと中級クラス

20183223124.jpg 201832231238.jpg

湯の丸山での2日間 3/1は初めてのバックカントリーツアー 3/2はちょっとハードなバックカントリー どちらも天気は良かったのだけど、強風と手ごわい雪質に立ち向かっていただきました。

3/1はあまりの強風の為、当初予定してたコースから樹林帯メインのコースに変更してツアーというよりバックカントリーレッスンって感じの内容でした。3/2はクラストした斜面に悪戦苦闘する事に!

整備されたゲレンデと違って自然のままのスロープは、天国のように快適な事もあれば、地獄のように耐え続ける事もある訳です。この2日間どちらも辛いコンディションとなっちゃいましたが。山を滑るっていうのはこういうケースも折り込んで考えて頂くいい機会だったと思います。

 

トップへ戻る