ホーム>テクニカルテキスト

テクニカルテキスト

テクニカルテキスト

Basic1

フォワードストローク

 

 

  1. フォワードストロークは腕の動きを押さえ、より腰の回転を使う事を意識します。
    またパドリングしながらの足の踏み込みを使う事で腰の回転をより使う事が出来ます。
    腕の動きが際立つと体のバランスが崩れてしまいコントロールしずらくなります。
  2. 常に視線と上体を、進行方向に向け続けけるようにし、カヤックの先端にとらわれない様にします。
    目標に対してカヤックを向け続けるのではなく、自分自身を向け続けるようにします。
  3. ストロークはカヤックが進み始めたら、少しずつピッチを伸ばしていきます。
    同じピッチで漕いで行くと、カヤックに推力が加わり過ぎて、スピンしやすくなってしまいます。

フォームについて

腕の動きを押さえる為に左手のスナップに注意しましょう、右側を漕ぐ際に左手が自分の顔の横にきます。この時、シャフトを緩め、左手首を後にスナップさせます。これにより左肘の位置が下がり、体の左右のバランスがとれて、より腰の動きがスムーズになります。
水面をブレードが捕らえる時は肘を伸ばしておきます。
肘が曲がったまま漕ごうとすると、腕に力が入り過ぎて、腰の動きが抑制されてしまいます。

fo01.jpg

good

fo02.jpg

no good手首の違いに注意

バックストローク

フォワードストロークを逆転させて、後ろ向きに漕ぎます。
但し足の踏み込み等は使え無いのでフォワードストローク以上に上半身の捻りをつかいます。
パドルは、持ち替えずにブレード裏面を使います。
後方を振り返りながら進行方向をチェックしながらストロークをしていく事を忘れないようにしましょう。

スイープストローク

素早くカヤックの進行方向を変更する為のストローク

カヤックの進行方向を一機に変える為のストロークです。
どうしてもカヤックが真っ直ぐ進まない事が気になる初級クラスでは、あまり必要性が感じにくいテクニックですが、フォワードストロークと並んでとても重要なテクニックです。

まずはカヤックを向けたい方向に上体を向けて下さい。
パドルは低めに構える事、そしてより前方にブレードを置く為に、肘を伸ばします。

パドルは浅く広い軌跡を描く様にストロークします。

上半身の回転を有効に使い、スターンまでしっかりストロークして下さい。

ストロークが終わったらすぐに上体を進行方向へむけます。

 

フォワードストロークと組み合わせた、実際の使用例

リーニングコントロール

カヤックの動きを コントロールする為に必要なリーニング。
カヤックを意図的に傾けます。

体重を傾けたい側のお尻に集中させます。
上がっている側の膝を緊張させることでカヤックのふら付きを押さえます。
頭は倒さず、水平に保つようにしましょう。
またバランスを保つ為にパドルを低く構えてブレードを水面に軽く押し当てます。

スカーリング&ドローストローク

スカーリング

パドルをカヤックの真横で前後に動かしながら、ブレードのフェース(表面)で水をキャッチし続けます。
手首を柔軟に使う事が成功への鍵になります。

ドローストローク

ドローストロークはカヤックに対して横方向へパドルを動かすことで横移動を行います。
横へ出したパドルを自分の腰に向けて動かします。
シャフトがカヤックに当たる前にパドルを90度捻り、また横へ出し、引き寄せて.....と、この動作を繰り返す事で横移動します。

ポイントは横に出したパドルに腰を近付けるイメージを持って行う事。
スカーリング、ドローストローク共にパドルシャフトを立てて行うと安定感が増します。

Bacic2/3

リカバリー

バランスを崩して沈しそうな所からカヤックを元に戻す為のストローク

ローブレイスはブレード裏面で水面を押さえつけて、ハイブレイスは表面で水面を押さえつけます。

どちらもブレードの浮力が有効なうちにヒザと腰を使ってカヤックを立て直します。
また頭を出来るだけ下げた状態にする事で、より復元しやすくなります。

エディーターンとピールアウト

川の流れに乗る為には、上流に向けてスタートし、ターンする事で流れにカヤックを乗せる事ができます。
これがピールアウト
また流れから抜け出てカヤックを停止させる為に上流側へターンする事。これをエディーターンといいます。

フォワード・スイープ・リーニングの3つの動きがベースとなります。

※エディ=川の流れに点在する渦または反転流と呼ばれる流れを指します。岩の裏側や川岸付近に出来ます。
※ピールアウト=ピーラー(皮剥き器)使った時の、めくれ上がる 皮の様子からついた名称。

 このムービーはBasic2の初期段階の内容です。

インサイドストロークターン

精度の高いピールアウト及びエディーターンに欠かせないストローク。

ターン方向のみをパドリングしつつ弧を描きます。ポイントは、リーニング・ドロー及びスカーリング・ターン方向へ上半身を向け続ける事。

Basic2/3共通項目

フェリーグライド

川の流れを横切る為の技術です。

basic1で行った、フォワードストローク、スイープストローク、リーニングの3つが出来ている事が技術の前提になります。

  1. 川の流れに対してカヤックを45度に向けて、エディーから加速しながら流れに入ります。
    この時カヤックの上流側を持ち上げて(リーニング)流れに負けないようにします
  2. 下流側をしっかり漕ぎながら(スイ―プストロークを交えて)上半身と視線は自分が到達したいと思うところへ向けつづけて下さい。
    上流側へのパドリングはカヤックの向きを調節する程度にします。
  3. 流れを渡り切る所でカヤックのリーニングを切り替えながら流れを抜け切ります。
    最後のリーニングの切り替えを忘れると、流れを抜けた所で沈する事になるので気を付けましょう。

Basic3での講習ムービー

コンビネーションターン

Basic2で行ったピールアウトとエディーターン・フェリーを一つの動きとして切れ目無く、カヤックを動かし続けます。

ココではターン=止まる ではなくコーナーリング として講習します。

Basic3の項目になります。

ロール

沈したカヤックを素早く元に戻す技法

ココでは代表的なCtoCロールとスイープロールをご紹介します。

 

Basic4

サイドサーフィンとスピン その1

 

ホールやブレイキングウェイブで行うサーフィンです。ココではエントリーのポイントをご紹介します。

波のショルダー部からトップにつながるラインにそって進入するとスムーズにエントリーできます。

波に乗ったら、上流に対して、バウの向きを真っ直ぐにせず斜め45度(フェリーアングル)にしつつ、リーニングをかけすぎないようにキープして下さい。ムービーでは1度180して、勢いを殺してからサイドサーフィンに入っています。

下流側にブレードを低い角度で押さえつけるように入れる事でバランスが取りやすくなります。

視線は必ず上流側を向くように。

サイドサーフィンとスピン その2

 

 

 

 

リーニングはかけ過ぎず、波のトップで、水平に近づけると波のボトムに落ちていき、上流側を引き上げてリーンさせるとトップに戻ります。サイドサーフィン時は、下半身を出来る限りリラックスさせて、ボトムからの突き上げを柔軟に受け止めながら、カヤックのバランスを取りましょう。

スピンに移行する際は、波の端までバウ、もしくはスターンを移動させ下流への流れに引っ掛けると自然にスピンにはいります。

ココでは、上半身の先行動作と前後バランスに気をつけてください。スピンの回転軸がずれてしまうと。簡単にポジションが変わってウェーブからおとされてしまいます。バックから戻る場合。バックストロークを入れると補正しやすくなります。

テクニカルダウンリバー

真っ直ぐ漕ぎ下る事から、流れを読んで、狙ったポイントにあるエディを拾いながら下ります。流れの強弱や、渦を読み取りながら漕ぎ下ります。

総合的なダウンリバーテクニックを身に着けましょう。

 

ターンバリエーション

スタンダードな内傾ターンから、傾けない状態でのターンそして、外側に傾ける外傾ターン等 バリエーションを増やしましょう。

 

サーフィン

川にできる波に乗るサーフィン

波の上で前後左右のバランスを取ることで、流れの中に留まります。後ろ向きに乗る事も是非トライしましょう!

 

テレマークスキースクール

トップへ戻る