ホーム>スタッフブログ>2018年4月

2018年4月

長瀞のカヤック体験/強い日差しと冷たい水

201843020452.jpg

4月最終日もカヤック体験に沢山の方にお越しいただきました。

今日は午前は日差しが強くて地面からの照り返しが凄かったですねぇ。川に浮かんでしまえば、水温が低いのでひんやりして気持ち良いのだけど。陸に上がるとモワっとしてて、ちょっと熱中症にかかりやすいコンディションだったかも?でした。

4月に熱中症の心配って初めてだと思いますね!

 

灼熱の山と川

2018422213126.jpg 201842221361.jpg

本日は長瀞でのカヤック体験と尾瀬至仏山ツアーの2プログラムでした。

どちらも異常とも思える気温上昇で4月とは思えないような1日です。山では大汗かきながらのバックカントリーで、登りはもちろん滑っていてもやっぱり暑くて、ゴーグルしてるだけで汗かいちゃうぐらいでした!

川では泳いじゃうお客さんも!

どう考えても夏になっちゃった感じでした。

 

長瀞のカヤックスクール/真夏のような!

2018421213233.jpg

一体どうしたら、4月に夏みたいな気温になっちゃうんだろう。とにかく暑い!それも漕ぎ終わる3時頃が一番暑かった!

濡れたくない!って思う事が無いのは上達しやすいので、今日は結構積極的な内容が多くなっちゃいました(笑

 

バックカントリー/2018尾瀬至仏山

2018420222445.jpg

今年も尾瀬至仏山ツアーが始まりました。

今シーズンは雪が少なく滑るコースは限定されちゃうのだけど、それでもやっつぱり至仏山はサイコーですよ!

 

長瀞のカヤックスクール/渦を捕まえる

2018419204411.jpg

川には通常、上流から下流へ流れるメインカレントとそのすぐ横に沢山の渦(エディ)が存在します。岩や川床の地形により複雑に絡み合いながら流れは変化します。

カヤックをコントロールする楽しさには、この渦を如何に読んでターンさせるか?っていう項目があり、自在にコントロール出来れば、カヤックを動かすパワーさえも流れの中から引き出すことが可能です。

凄く地味ではあるけれど、とても面白い動作なんですよ。

 

長瀞のカヤックスクール/雨上がりの岩畳

2018418223121.jpg

今日は午後からの講習でしたが!朝から雨が降り、寒々しい長瀞だったのだけど、お昼前から日差しが出始めたら一気に晴れて来て気温もグングン上がって来ちゃいました!

 

長瀞のカヤック体験/渇水の川下り

2018416203429.jpg

現在荒川・長瀞エリアは渇水中!あり得ないぐらい水量が少ない(悲

そんななか、リバートリップで川下り!ボトムをこすりつつ(笑 下りました。

こんな時はいつもの赤いカヤックでは無くて、もうちょっと運動性能が高いカヤックを使います。

浅くてもバウが引っ掛かりにくいオールラウンドタイプを利用しました。

このカヤックなら多少岩に乗り上げても比較的簡単に乗り越えて行けちゃうので助かります。

 

ライン下りと傘

201841620279.jpg

突然のにわか雨により傘をさすライン下りのお客さんたち。

いつもなら屋根をつけて運航するのだけど、この時はあまりににも突然だったので、皆さん傘をさしての川下り。写真を撮ったときはもうすでに雨が止み始めちゃったので、なんだかおかしな感じの写真になっちゃいました(笑

 

長瀞のカヤック体験/さあ!下って行こう

2018414204353.jpg

カヤックの面白さのメインはやっぱり川下りですね!

自分で漕がなくても進んで行ってくれるのは不思議な感覚でドキドキします。でも全く漕がないと硬い物(岩とか壁とか)に迫って行っちゃいます(笑

そのあたりが面白いと感じるか、怖いと感じるか?

面白いと思ったら、カヤックにハマッちゃうかも?ですね。

 

長瀞のカヤックスクール/考えて漕ぐ

201849191529.jpg

川の流れは複雑で、単純に上から下へと流れてる訳では無く、下から上に逆流してもいるし左から右下に流れてたり、数センチ横が流れが遅かったり早かったりと、様々です。なのでパドリングの強弱やカヤックの姿勢制御といった細かな微調整が必要となります。

漫然と漕ぎ下るだけでも、もちろん楽しいのだけど漕げば漕ぐほど?マークが浮かんでくるわけです。何故突然向きが変わってしまうのか、なぜぶつからないと思った岩に吸い寄せらそうになるのか?

何故?どうして?って思い始めたところからから、カヤックの上達が始まります。川の流れを観察してどういう力配分をすれば良いのか?ってこと考える事が上達への近道となるはずです。

 

トップへ戻る