長瀞のカヤックスクール/傾けずに曲がる

2017719201820.jpg

カヤックでターンする際、セオリーは内傾(カヤックを内側に傾ける事)なのだけど、最近のスラロームカヤックでは、できる限りフラットにしてスターンを潜航させる事で回転半径を小さくする事が一般化してきました。

当然、内傾で覚えてきた方たちにしてみれば、なかなかフラットで回せないどころか、勝手に下半身が内傾しちゃったりします(笑

実は内傾で回る事ももちろん必要なのだけど、フラットで回る、バウが持ち上がるっていうのが、見た目に派手なので、みんな高くバウを持ち上げたくなるのだけど、スラロームカヤックの本来の姿は早く水の上を駆け抜ける事なので、無駄にバウを持ち上げる事よりも素早くターンして素早く加速する事が優先順位の先に来ます。これを忘れちゃうと、スラローマーでは無く、フリースタイルパドラーになっちゃいますね!

 

 
 

 

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • そとあそび
  • リンク集